4記事でOK!Googleアドセンスを一発合格するコツ全部教える

ブログ運営
この記事は約13分で読めます。
ゆー
ゆー

こんにちは!夫のゆーです。

ブログで自分の好きなことを発信するのも楽しいですが、合わせて必ずやりたいのは収益化ですね。

ブログで稼ぐには、広告による収入がスタンダードです。その中でも、最もメジャーなものは Google アドセンスです。これに合格することは、ブログで収益化を始める時の第一歩と言えます。

しかし、Googleアドセンスの審査に通らず、この第一歩でつまずく人が多くいます。

その中には、僕も含まれていました。このブログを立ち上げる5年前に、別のブログを立ち上げていたのですが、Googleアドセンスに受からなくて挫折してしまいました。

その悔しさもあって、今回立ち上げたブログでは、準備に準備を重ねて挑み、4記事で Google アドセンスに申請し、一発合格することができました。

今回の経験から、Google アドセンスに合格するにあたって分かったコツを全て紹介します。

これからブログで始めたいと考えている方、 Google アドセンスの審査を受けようとしている方、なかなか合格できないと悩んでいる方に、おすすめの内容です。

それでは、どーぞ!

スポンサーリンク

審査までに必ずやるべきこと

審査までに必ずやるべきことは、ブログとしての体裁(ていさい)を整えることです。 

アドセンスに合格するには、 Google が広告を掲載してもらうに値するブログだと思われる必要があります。つまり、Googleの定めるルールをしっかり守りつつ、あなたのブログを見に来るユーザーに対して配慮(はいりょ)しているかというポイントをおさえないといけません。

次に紹介する項目は、 Googleアドセンスの審査にかかわらず、必ずやっておきたいことです。 

プロフィール

誰がブログを運営しているかわからないサイトなんて、怪しくて安心して利用できるものじゃないですよね?

ブログを運営している自分はこんな人だよって、ユーザーが見に来てわかるような内容は、必ず乗せておきたいです。

絶対にこの項目を載せなければならないものは、ありません。プロフィールは自由に書いて大丈夫です。しかし、ユーザーの目線になって考えてると、どんな人がブログを運営しているんだろう?って思って、プロフィールに興味をもってくれます。やはり「人となり」がわかる内容が好ましいですね。

僕たちのブログでは、次のようなプロフィールにしました。

ポイントとしては、運営者の情報、 どんなコンテンツを発信するか、なぜ立ち上げたかといったところをおさえて書きました。申請したときの文字数は、3380文字でした。

プライバシーポリシー

 Googleアドセンスを合格するにあたって、プライバシーポリシーはめちゃくちゃ大切です。

内容としては Google のポリシーと規約を正しく理解しているかを記述します。

また広告掲載をすること個人データの取扱いといったところもぜひ載せておきたいところです。

詳しい内容は、僕の記事で参考にしてください。

僕の記事の内容を引用してもらっても構いません。

ですが、そのままコピペすると、あなたの記事のオリジナル性が失われるので、内容を少し変えることをおすすめします。

ゆー
ゆー

ぶっちゃけ、どのブログも似たようなことを書いていて、内容の差はあまりないです。

ちなみに僕たちのブログは免責事項も記入しています。

これは Google アドセンスとの審査としては関係ありませんが、ブログを運営し続けるために必要だと、個人的に思ったので記載しています。 

サイトマップ

 Google の審査は人が行うのではなく、ロボットが申請したサイト内を巡回して審査されます。

サイトマップは、その名の通りサイトの全体構造がわかる地図です。これを作ることで、各記事にリンクが貼られ、検索エンジンのロボットがサイト内を巡回しやすくなります。

これがないと、あなたのサイトに訪れたロボットが分かりにくいサイトだなぁと評価してしまいます。そのため、審査に受からないというわけです。

サイトマップは2種類ありますので、両方とも用意しましょう。

HTMLサイトマップ・・・ 自分のウェブサイト上に用意するもので、サイトの構成一覧 のこと。
XMLサイトマップ・・・ウェブサイト内の URL を記述おり、Google サーチコンソールで設定するサイトマップのこと。

独自ドメインを用意する

独自ドメインとは、サイトの URL の最後につく「.com」「.jp」のことです。

Google が評価するのは、サイトのオリジナル性です。独自ドメインを使うことで、サイトのオリジナル性を高めます。独自ドメインを設定していないサイトでは、アドセンス審査で合格できません。

ゆー
ゆー

 数年前は、はてなブログやライブドアブログでも、アドセンスの合格できたそうですが、今は独自ドメイン必須です。

独自ドメインの取得方法は、お名前.com ムームードメインで、独自ドメインを購入して、設定する必要があります。費用は時期によって違いますが、年間1000円以下で購入できます。

 WordPress で始める場合は、エックスサーバーから独自ドメインをゲットするのがおすすめです。

どういうことかと言うと、WordPress では、まずレンタルサーバーを設定する必要があります。各社あるレンタルサーバーの中でも、エックスサーバーなら、独自ドメインが無料で手に入るキャンペーンを高頻度で実施しているからです。

年間1000円のドメイン代の維持費を浮かせられるんですから、かなりお得ですね。これから始めようとする方は、この機会に申し込んでみてはいかがでしょうか。9月16日までの期限です。

ユーザーが見やすい記事を2000文字以上で4つ用意する

ユーザーが見やすい記事にすること

見てくれるユーザーあってのブログです。見やすいブログを書くことは、とても大切なことですよね。これを意識した記事は、Googleの審査でも評価されます。

具体的には、次の項目を意識しましょう。

  • 見出し文(目次)を用意する。
  • 外部リンクや他サイトからの画像は、引用元をつける。
  • 太字やマーカー線などで文の重要なところを強調する。
見やすい記事を書くことで、あなたのサイトにファンが付きやすくなります。これは今後記事を書く上でも、絶対書いてほしいポイントです。

2000文字以上の記事を4つ用意する

現在の Googleアドセンスの審査では、情報の有益さが評価されます。

文字数が多いことは、情報量が多いということです。決してイコールではないですが、その情報量の多さが記事の有益さにもつながってきます。

その文字数の目安として、2000文字以上は必要です。これは、多くのブロガーさんの体験により証明されています。

記事数に関しても同じです。3記事でもアドセンス合格したという方もいます。ですが、そういう方は文字数多くて、記事のクオリティも高い方です。ブログ初心者の方でも1発で合格した事例は、4記事以上で圧倒的に多くなります。

逆に記事数が多い場合は、何が悪かったのか判断するのが大変です。アドセンス審査で落ちた場合は、ざっくり何がダメ教えてくれます。ですが、具体的にどの記事のどこがダメだったかなんて教えてくれません。

つまり、アドセンス審査に一発で合格したいなら、2000文字以上の記事を4つ以上用意すれば良いわけです。ここで、この条件に当てはまるブロガーさん達を紹介させてもらいますね。

  • u-hanaさんのブログ:4記事 平均2116文字
  • すなっぴーさんのブログ:4記事 平均2199文字
  • 獅子雄(ししお)さんのブログ:4記事 平均2253文字

審査のときに気を付けたいこと

ポリシー違反になりそうなことを書かない

タバコ、アルコール、アダルトを使った内容はポリシー違反です。つまりそれに関連するものは NG ワードに該当してしまいます。

僕たちのブログは、子育てをメインにしているので、お○ぱいという表現は避けて、母乳や授乳といった言葉に言い換えています 。

また画像に関しても同じで水着など肌の露出が多い物をも対象になる事例があります。

僕たちの場合だと沐浴をしている画像は、赤ちゃんといえど、裸の写真を載せるのはマズイと思い、気をつけました。

外部リンク・広告を誘導する言葉を使わない

クリックを誘導する表現をするのは、アドセンス違反です。具体的に言うと「こちらをクリック」 と書いて広告に誘導するのはダメです。 広告だけじゃなく、 SNS やブログランキングと言った外部リンクに誘導する行為も好ましくありません。 

僕たちのブログの場合は、アドセンス申請時にはブログランキングに参加をしていました。「ポチッとお願いします。」なんて表現はついつい書きがちですが、「ランキング参加中」といった表現に変えることで、誘導する表現を避けています 。

オリジナルコンテンツにする(引用、既存画像使用)

アドセンス審査において、記事のオリジナル性は重要です。。審査において、自分のブログがコピペだと思われるのは不本意ですよね。記事の内容によっては、引用した方が説得力が増すこともあります。その場合は、どこから引用したかということをはっきりと記載する必要があります。

また文の表現だけではなく、画像も同じことです。もし他サイトの画像を使用する場合は、引用元をはっきりと記載した方が良いでしょう。

アドセンスを申請しっぱなしで放置しているサイトがあれば、コード外しておく

アドセンスの申請時には、自分のサイトに「コード」を貼り付けます。しかし、過去に同じアカウントで他のブログをやっていて、それを放置しっぱなしということは良くありません。

仮に「コード」が違っていても関係ありません。 僕の場合は、5年前から放置していたブログが、引っかかってしまいこれを修正しました。

対応として、昔のブログの「コード」を外して、 「AdSense で別のサイトを使用します。」選び、再申請しました。

ゆー
ゆー

今のブログを申請してから、半日後に過去のブログを指摘され、すごい焦りました。

気にしなくていいこと

審査を申請する日取りや時間

アドセンスの申請は、平日にしたほうがいいのかな?深夜だと受け付けてくれないのかな?なんて思う必要はありません。審査をするのは人間ではなく、ロボットです。土日祝日時間帯も関係ありません。

自分のブログの準備ができら、申請しましょう。

毎日記事を更新すること

毎日更新した方が合格しやすい。申請時間が短縮される。なんてウワサもありますが、関係ありません。

あるブロガーさんは、あまりにアドセンス審査に通らず、20以上あった記事を公開停止して4記事のみ残し、やっと合格したという話です。 申請中はブログの運営はしていても、結局4記事になっている時点で過去の記事です。これではブログの更新をしているとは言えませんよね。この事例から言えることは、更新頻度を上げることは、アドセンス審査においては関係ないです。

また申請時に、毎日更新した方がいいのかと言うとこれも関係ありません。

実際に僕たちのブログは、アドセンス審査中も毎日更新しました。にもかかわらず、合格通知は3日後に来ました。早い人ですと、数時間ほどで回答が来る場合もあるので、記事の更新とアドセンスの審査は関係あるとは言えません。

外部リンク、YouTube 、Twitterを記事内に埋め込むこと

外部リンクは、アドセンスの審査において悪影響を与えるなんてことも言われていますが、関係ありません。実際に僕たちのブログも外部リンクを貼っていました。

YouTube や Twitter を記事内に埋め込んでアドセンスの審査を受けられたブロガーさんもいますが、これも合格しています。むしろリンクを貼ることによって、記事が分かりやすくなる、説得力が増すといったメリットもあります。自分の記事に必要だと思えば気にせず、貼っちゃってください。

はてなブログ 、ライブドアブログを使っていること

「WordPress でないとアドセンスは合格しないよ。」何ていう方もいますが、関係ありません。関係があるのは独自ドメインを取っているか取っていないかです。はてなブログやライブドアブログの方でも、独自ドメインを取得してから申請しましょう。

他の広告を貼っていること

A 8やバリューコマースといった他の広告を貼っていても大丈夫です。これも他のブロガーさんの実績で証明されています。 はてなブログやライブドアブログの方もデフォルトの広告が付いていると思いますが、これもアドセンスを申請においては問題ないです。

ブログ村といったランキングに参加すること

これも関係ありません。僕たちのブログもブログ村人気ブログランキングの2つに参加した状態ででアドセンスの審査を受けました。むしろランキングに参加することで、優秀な被リンクを受けることができるので、 自分のブログにとっては良いことです。

ただし先でも言っているように、クリックを誘導する表現は避けましょう。

WordPress の有料テーマを使うこと 

これも関係ありません。僕たちのブログでは、 WordPress の無料テーマ「Cocoon」を使っています。有料にはそれに見合っただけのメリットはあります。しかしアドセンスの審査とは別の話です。 

ただし、ブログのテーマを途中で変更するのは大変です。ブログの立ち上げ初期段階で、有料にするか無料にするか考えておくのは良いことです。

アイキャッチや記事内に画像が全くないこと 

ブログの記事内に全く画像がないことも関係ありません。ある程度画像があったほうがユーザーにとっては見やすい記事になります。まずはアドセンスの合格を優先したいという方や記事によっては引用しなければならない画像があったりする場合は、アドセンスに合格してから画像を加えて貼っても良いでしょう。

ブログの開設期間して間もないこと

これも気にする必要はありません。ただしサイトマップが反映されるのは、数日かかります。記事を毎日投稿すると考えても、4記事目にアドセンス申請するなら4日はかかるはずです。実績で行っても、開設して1週間でアドセンス合格しているブロガーさんもいらっしゃいます。

アドセンス審査は準備が整ったら、すぐに申請して大丈夫です。 2週間も1カ月もブログを寝かせる必要はありません。

当サイトの審査したときの条件は?いつごろ合格がわかる?

4記事目で投稿した時点でアドセンス申請し、毎日1記事を投稿し、合計6記事目で合格メールが来ました。

投稿順番記事文字数
1コーヒーはダメ?妊娠中に食べ物・飲み物で控えていたもの6754
2行ってよかった!1泊2日マタ旅におすすめの宿とスポット(1日目)4572
3パパの育休はいつまで取る?何すれば良い?我が家の過ごし方を紹介6380
4パパの育休はいつまで取る?何すれば良い?我が家の過ごし方を紹介6142
5母乳が出ない!3日間で母乳の出を良くする4つの方法4588
6忙しい朝だってちゃんと食べたい!5分でできる時短朝食術!5208

・平均文字数は5600です。

ゆー
ゆー

必要な文字数は2000文字以上と言いましたが、倍以上ありますね。

僕は慎重派で 申請前にストックしていた記事の中で文字数の多いものを優先して投稿していました。

僕たちのサイトの場合は、申請したブログを勘違いされるというトラブルがあったものの、3日目(60h)で合格メールが来ました 。このことから文字数が多かったり、毎日更新すると、合格が早くなるというわけではないようです。

一般的には、1日~3日ほどで通知がくる方が多いです。長い人は1週間以上待たされたいう事例もございます。

読者目線で記事を書くことが合格への近道

いかがだったでしょうか。

Google アドセンスは審査内容は公表されてはいませんので、ブロガーさんたちの経験による蓄積で皆さん判断されています。そいうわけで、「あれがだめだ。これがだめだ。」なんて憶測が飛び交ってしまいます。

重要なのは、プライバシーポリシーを守り、見に来てくれたユーザーのことを考えたブログ作りをしていることです。今回紹介した内容は、アドセンス の合格だけではなく、アクセス数アップにも、とても大切な内容なんです。

合格に固執することなく、読者にとって有益だと思える内容を書いていきましょう。その考え方が良質なコンテンツを作ることにつながり合格への近道になります。

みなさんのアドセンス合格を祈って、終わりとさせていただきます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました